ホテル周辺「ホタル鑑賞」スポット紹介

公開日:
更新日:
投稿者:
CORONA HOTEL

6月といえば、初夏の風物詩「ホタル」が見れる季節です。

ホタルは清流にしか生息しないイメージですが、近年では繁殖などを行い、大阪という都会のど真ん中でも見れる場所が増えてきています。

そこで、大阪コロナホテル周辺でホタルが見れるスポットをご紹介します。

幻想的なホタルの光に癒されましょう!

新梅田シティ 「『蛍』、舞う」

引用元:OSAKA-INFO 大阪観光情報 ASIAN GATEWAY OSAKA

 

新梅田シティの地下1階にある、滝とせせらぎに囲まれた人口の森「中自然の森」に、ホタルの成虫を放流して自然繁殖した約2,000匹のホタルが舞います。

大阪の中でも都会な梅田のど真ん中でホタルが舞う姿は、まさに幻想的です。

開催期間

2017/6/2(金)〜6/11(日)
日没後〜22:00(20:00頃が見ごろです)

料金

観覧無料

開催地

新梅田シティ 中自然の森(地下1階)
〒531-0076 大阪市北区大淀中1-1

当ホテルからのアクセス

  1. 「JR新大阪駅」から乗車して1駅の「JR大阪駅」で下車
  2. 「JR大阪駅中央北口」改札から徒歩約9分

googlemapで見る

なんばパークス「ホタルの夕べ」

引用元:OSAKA-INFO 大阪観光情報 ASIAN GATEWAY OSAKA

 

なんばパークス屋上に広がる約8千㎡の屋上公園に7万株の草木が育つ、街中とは思えないほど緑いっぱいの空間「せせらぎの杜」 に、優しい光を放ちながら優雅に飛び交う約300匹のホタルを鑑賞できます。

定員

各日300名(整理券配布)
※整理券は開催当日17:00より、パークスガーデン8F円形劇場にて各日先着順300名様に配布

開催期間

2017年6月3日(土)・4日(日) 
20:00〜22:00

料金

入場無料

開催地

なんばパークス5F「せせらぎの杜」
〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-10-70

当ホテルからのアクセス

  1. 御堂筋線「なかもず」方面行乗車
  2. 難波駅下車後、なんばパークスまで徒歩約10分

googlemapで見る

万博記念公園 「螢の夕べ」

引用元:OSAKA-INFO 大阪観光情報 ASIAN GATEWAY OSAKA

 

1970年の大阪万博で日本の庭園技術の枠を集約して造られた日本庭園で、ゲンジホタルとヘイケボタルが鑑賞できます。

日本庭園の美しさに加えて、ホタルの光による幻想的な天然のイルミネーションをご堪能できます。

開催期間

2017/5/27(土)〜6/11(日)
21:30まで開園時間を延長(入園は21:00まで)

※水曜休園、荒天中止
※ホタルの発生時期により、開催期間を大幅に延長する場合があります。万博記念公園ホームページやお電話にてご確認ください。
※雨天時の開催確認は、当日15時以降に万博記念公園ホームページにてご確認ください。
※会場内でのカメラ・ビデオ・携帯電話等による撮影は禁止。

料金【入園料】

大人250円
小中生70円

開催地

万博記念公園 日本庭園 西地区流れ
〒565-0826 吹田市千里万博公園

当ホテルからのアクセス

  1. 「JR新大阪駅」から東海道・山陽本線「高槻」行きに乗車
  2. 「茨木駅」で下車し、バス乗り場へ
  3. エキスポシティ線100系統「万博記念公園駅」行きバス乗車
  4. 「日本庭園前」にて下車
  5. 万博公園まで徒歩約15分

googlemapで見る

関連記事