がんと共に働く- 意見交換会(中小企業編)のご案内

公開日:
投稿者:
CORONA HOTEL

日経ビジネスパブリケーションさまと国立がん研究センターさまによる

「がんと共に働く-知る・伝える・動きだす- 意見交換会(中小企業編)」が大阪コロナホテル200会場で行われます。

「がんと就労」に対する考え方や取り組みについて考える

がん患者が治療と両立しながらいきいきと仕事を続ける「がんと就労」についての「中小企業における具体的な事例」の紹介から、よりいきいきと仕事を続けるための「仕組み」や「工夫」を会場の皆さんで考える意見交換会です。

意見交換会の内容

松山市に本社を置く、明屋書店(従業員数221名、昭和14年創業)が登場。

意見交換会では、明屋書店が四国がんセンター協力のもと、社員向けにがん患者の就労支援研修を開始したトップのビジョン、研修プログラムにおける工夫、現場のマネージャーの立場で感じた研修の効果、医療機関としての意義などについて具体的に紹介します。

働き方改革、ダイバーシティが注目される中、人材を大切にする中小企業の、「がんと就労」に対する考え方や取り組み方法をぜひ学んでください。

また、中小企業において、がん患者が治療と両立しながらいきいきと仕事を続けるためには何が必要なのか、そのためにどのような仕組みや工夫が必要なのかを、会場の皆さんと共に考えたいと思います。

引用:がんと共に働く 知る・伝える・動きだす
(http://special.nikkeibp.co.jp/atclh/work_with_cancer/member/index.html)

以下に当てはまる方はぜひご参加お願いします

  • 企業の経営者
  • 人事関連セクションの方
  • がん患者やその家族
  • 医療関係者

以上の方々には、必聴の意見交換会となります。
ぜひご参加ください。

お申し込みはこちら

関連記事